ひとりでも

――同胞よ。冷淡なる自然の前に、アダム以来の人間を樹立せよ。否定的精神の奴隷となること勿れ。(芥川龍之介「大震に際せる感想」全集10、154頁)


祈るしかできない。
ひとりでも多くの方の命が助かりますように。