子猫を保護した話

9月の終わりのある日、朝、職場で仕事をしていると、裏のほうから朝からずっとにゃーにゃー子猫の声がするので、どっか高いとこに登って降りれんようになったんかなと気になってちょこちょこ外に出て探していたのであるが、朝10時半くらいに職場とお隣さん…

スイレンとメダカと水槽の話(二)

さて、ようやくうまく行きはじめたかのように思えたスイレン鉢であったが、八月の終わりのあるとても暑い日の朝、いつものようにメダカたちに朝ごはんをあげようとベランダに出たところ、昨日まで元気だったメダカたちがほぼ全滅していたのである。暑すぎた…

スイレンとメダカと水槽の話(一)

こうの一周忌に花が咲けばいいねと、Y子がベランダでスイレンの栽培を始めた。結果的にスイレンの花は咲かず、天候不順からか毎年咲いている家の前の池のスイレンの花も咲かなかったのだが、このスイレン鉢とともにやって来たメダカたちが、この夏、わが家に…

異常なまでに蒸し暑かった7月が過ぎたかと思うと、早いものでもう8月も後半である。4日の月命日にはいつものようにY子と二人でお参りをする。今年は7月になっての8月になってもなかなか湿度が下がらず、こうが最後の日々を過ごしたのもこんな蒸し暑い日…

一周忌

早いもので、あれからもう一年。7月4日はこうの一周忌であった。こうが大好きだったおやつやおもちゃをお供えして、Y子とお参りをする。けんもそばの机の上に座ってじっとしている。終わってから宅配の鰻丼をいただく。昨年の今頃はきれいに花を咲かせていた…

梅雨入り

今年は例年になく気候が良く、過ごしやすい日々が続いているが、こうの11ヶ月目の月命日も春らしい素晴らしいお天気で、心静かにお参りをすることができた。梅雨入り後もほとんど雨は降らず、湿度も低い快適なお天気。けんも気持ちがいいのか、相変わらずよ…

毛玉の季節

あっという間にGWも終わり、気がつけばもう5月も終盤。いい気候だがこの時期は猫の換毛期で、毎年けんに毛玉が発生する要注意時期でもある。けんは毛玉ができやすい毛質のようで、できるだけブラッシングはしているだが、どうしても追いつかないようで、毛玉…

こうのこと

猫の心筋症は、発症しても数ヶ月は生きる場合も多いと聞いていた。だから、こうが発症したときも、助からないとはわかっていたが、そんなにすぐに劇的に病気が悪化するとは思っていなかった。しかし、病院から帰ってきたこうは、もう歩くことも難儀するほど…

ワクチン

毎年恒例の三種混合ワクチンも今年はけんひとり。移動も病院も大の苦手なけんは、いつものように玄関を出るやいなやにゃーにゃーにゃーにゃー、どこ行くの、行きたくない、帰ろうよと抗議の声をあげる。病院ではこれまたいつものようにしゃーっと威嚇(病院…

けんこう兄弟がやって来た日、月命日、そしてうるのお参り

4月4日(火)は11年前にけんこう兄弟がわが家にやってきた日であり、こうの9ヶ月目の月命日でもあった。いつものようにお経をあげてお参りをする。いつものようにけんは僕の足下で丸くなってじっとしている。今回はとても穏やかにお参りをすることができ…

うるの命日、そしてこうの月命日

1日はうるの12回目の命日。4日はこうの7回目の月命日であった。*寒いときにやって来て、暖かくなる前にこの世を去っていったうるは、ヒーターの前に置いてあったカゴに入るのが大好きだった。うるの来た年は特別に寒い年だったが、亡くなる何日か前、暖か…

朝の日課

けんは毎朝6時15分から30分くらいの間に目覚めるようで、鳴いて僕を起こしにくる。ただ、不思議なことに、枕元か近くまできて起こすのではなく、廊下や洗面所、台所のあたりでにゃーにゃー鳴いているようだ。鳴き声もふだん呼ぶときには甲高いやさしい声なの…

節分の前後

2日はY子の誕生日なので、今年はKT地区のイタリアンレストランを予約した。こうが亡くなってから一度訪れた、猫好きのご夫婦がやっているお店である。例年のようにY神社に節分のお参りをしてから食事という計画である。今年は久しぶりに(十年ぶりくらい?…

1月に入って何度か大雪が降る。子猫時代にはどんだけ寒くてもじーっと窓辺に佇んで外の観察を怠らなかったけんだが、最近は雪にも特に驚くこともなく、たまに物見台に登って窓を開けてくれと言ったかと思っても、寒いのかすぐに降りてきてヒーターに張り付…

新年

その後、あっという間に休みに突入したかと思うとあっという間に年が明け、帰省で名古屋に神戸にと移動しているあいだにあっという間に正月休みも終わった。とはいえ、帰省以外はおうちでゆっくり過ごし、けんとも交流できた休暇であった。元旦の朝、荷物が…

誕生日

20日はけんの11歳の誕生日。毎年ケーキを食べて(人間が)お祝いしてきたのだが、今年はあいにく職場の忘年会に重なり、またY子も仕事で遅くなるというのでどうしようかと言っていたが、毎年やってきたことだし少しだけでもやったほうがいいだろうと、Y子が…

月命日とその後

その後、けんの口の傷はきれいに治り、再発の兆しもない。というわけで結局アレルギーでもないようで、たまたま抵抗力が落ちていたということなのだろうか。ともあれ、完治してよかった。本猫はいたって元気で、毎朝全力で甘えてきます。*12月4日はこうの…

今度は口に…

その後、けんの耳はきれいに完治したのだが、14日の週の初めくらいからか、今度は右の口もとに大きな掻き傷を作って、なかなか治らない感じなので19日の土曜日に再びM動物病院へ。検査の結果、皮膚炎の可能性は薄く、やはりアレルギーの疑いが濃いとのことで…

ひとまず快復

もともとお薬が苦手なけんなので、毎日飲み薬2(錠剤大小各1)と点耳薬というのはけっこう大変だなと思っていたが、いざ投薬生活を始めてみると意外にスムーズにいく。初体験の点耳薬は一滴目こそびっくりするものの、けっこう気持ちがいいのか2滴目から…

その後、けんの目の横の怪我はすぐに良くなったのだが、先週の火曜日くらいからか両耳の引っかき傷が悪化してきた。たまにあることなのですぐ治るだろうと最初は思っていたのだが、だいぶ良くなったかなと思うとまた悪化し、ちょっとただれてきた感じにもな…

秋のお参り

うるのお参りに行ってきた。曇り予報で寒いかなと思ったけど、少し晴れ間も出て、この季節にしては暖かい日だった。お供えやお線香を忘れるというハプニングがあったものの、無事お参りを終える。手を合わせながら、こうちゃん亡くなったんだよとうるに報告…

ぱくぱく

けんこう兄弟がまだ子猫時代に試供品でもらってきたのを、こうが狂喜して食べてからのことなのだが、けんは(病気になるまでのこうも)焼きカツオのおやつが大好きである。我が家ではこれを「お魚おやつ」と呼んでいるのだが、カリカリはこの間何度か好みが…

もうすぐ3ヶ月

明日はこうが亡くなって3ヶ月目の月命日である。あまり深く考えると悲しみが込み上げてくるので、普段はY子とはこうの話は簡単にしかしない。ひと月ほど前のことだろうか、片付けをしていて、こうの大好きだった荷造り用の白い紐(これをパリパリ噛んでよく…

お客さん

先週の土曜日のこと、Kちゃん、Nちゃんが誘ってくれて久しぶりに山登りに行ったのだが、その帰りにKちゃんが家に寄ってくれた。こうがいなくなってけんひとりになってからは初のお客さんである。以前はお客さんが来ると真っ先に隠れて一歩も出てこなかったけ…

月命日

4日の月命日も終わり、こうがいなくなって2ヶ月が経った。Y子の仕事も通常復帰し、けんはひとりで寂しいだろうなと思う。昨日は停電があったようで、帰ってきたらクーラーが止まっていて驚いた。幸い、停電後時間はあまり経っていなかったようで、それほど…

八月の終わりに

最近、家の前の道を池から川に帰る鴨の兄弟が毎夕横切るので、Y子と二人で見守っている。今日は先に川に降りた鴨兄を弟が見失ってしまい、パニックになった鴨弟が悲しげに泣きながらくるくる動き回るというアクシデントが発生しあせったが、鴨兄が土手下まで…

四十九日

暑い暑い週末、四十九日のお参りも無事終わった。不思議なことにこの日は僕たちの結婚記念日と同じ日。「夫婦仲良く、喧嘩してはいけませんよ」とこうが伝えてくれているように思った。家族で仲良く過ごしていたらこうも喜ぶだろうといううことで、土曜日に…

六七日

日曜日は前日から帰省していたY子を迎えに名古屋まで。ご飯をいただいて帰ってから六七日のおまいりをする。楽しいことがいっぱいあったはずなのに、不憫な思い出ばかりがよみがえってきて後悔ばかりである。写真は10年前、わが家にやってきたばかりの頃のけ…

夢2

水曜日の早朝、こうの夢を見た。こうはゆったりと横になっていて僕は彼を撫でてやった。大きくてやわらかくてふかふかで暖かかった。こうの匂いがした。*毎年恒例のお盆のお留守番も今年はけんとふたり。お昼すぎ、家具屋さんがやってきて玄関で応対してい…

五七日

38度予報の猛暑のなか、朝いちで収納ボックスとかを近所のホームセンターで買ってきて昨日の続きに模様替えをすませる。窓が大きくなって部屋が明るくなった。こうが生きていたら喜んだだろうなと思う。昨日、テレビ(とテレビ台)を怖がっていたけんは、夜…