点滴34日目。

今日は通常の点滴。ばっちりうまくいく。投薬後、けんは口直しにねこ草をかじってから居間のベッドで熟睡。少ししてからものすごく眠そうに起き上がって、ウェットを少し。またこてんと眠ってからとても眠そうに起きてきて、カリカリを少し。

 

夜、帰宅すると、けんはY子の部屋のタンスのすみっこに隠れて休んでいる。いつもはすぐに起きてくるのだが、しばらくしても起きてこないので見に行ったら、ゆっくり起きてきた。そのあと、ふくらんで練り歩きしながら甘える。ごはんも少し食べる。

 

またしばらくして、けんがごはんの前で何かふんふんしているので確認したら、水槽から脱走したエビだった。まだ生きていたので水槽に戻す。けん、お手柄でした!

 

その後、疲れたのか、居間のベッドで熟睡。少ししてから起き上がって水飲み場まで行くが、お水の前でうずくまってじっとしている。心配してみに行くと、またふくらみながら練り歩きであまえ。

 

Y子、帰宅。本日三度目の練り歩きであまえるが、Y子が食事の準備をし始めると薬を察知して僕のベッドの下に隠れてしまう。かわいそうだからしばらくしてからにしようと思ったが、ぜんぜん出てこないので先に済ませたほうがいいかと投薬。いつものことだが、投薬後はY子に抱っこされてしばらくじっとしている。その後またタンスの隙間に隠れていたところを呼びに行ったら、走って飛び出してきてまたあまえる。

 

 

点滴32日目、33日目。

土曜日、やはりY子が休みだと気分がいいようで、夕方帰宅したときも元気そうに見える。

 

点滴多いめの今朝は、二度、針が貫通して液が漏れだしてしまう。焦ると失敗するので気持ちを落ち着かせて再々トライで成功。最近、また点滴後は眠くなるのか、しばらくこてんと寝ている。それだけ点滴が効いているということならいいんだが……。

 

その後、何度か起きて少し食べるが眠そうだ。朝の11時頃までは居間で一緒に過ごし、その後んにゃーと言いながらY子の部屋に帰っていった。Y子(点滴後また寝ていた。Y子もかなり疲れているようだ)にあまえたくて起こしに行ったのかなと思うが、しばらくして見に行ったらけんもやすんでいた。

 

今日は久しぶりに病院に行かない日曜日。みんないるので安心しているのか、よく眠っている。子猫のようにアクロバティックな体勢で。Y子によると、平日はこんなでもないらしい。

 

缶詰が気に入ったようで、缶詰をあけると喜んで台所までやってくる。わりと食べているように思うが、計量してみるとカリカリはそれほどでもなく横ばい程度であった。ウェットをけっこう食べているので現状維持程度か。しんどいんだとは思うが、がんばれがんばれ。

 

珍しくひとりで夜更かしをしていると、昔のようにけんが起きてきて一緒に過ごしてくれる。気つかわんと、ゆっくり休んでくれたらええねんで。

点滴29日目、30日目、31日目。

昨日と一昨日は仕事で遅くなってしまったのだが、一昨日などは帰ってきたらけんは居間のベッドにいて、何というかものすごくしんどそうな顔をしているのでとても心配した。でも、よしよししてるうちに表情がほぐれてきて安心する。ごはんをあまり食べてないようなので、サプリメントの投与を復活させることにする。

 

昨夜もけんは居間のベッドに寝ている。ごはんもあまり食べていないようだ。ちょっと僕も居間でうたた寝をしてしまい、Y子が帰ってきたので目が覚めたが、今日は一人でお薬あげてみるとY子。大丈夫かなと思ってると、これが非常にうまくいってさっと終わる。でも、二人で協力してやらないとなんか寂しい。

 

今夜は早く帰ってきたら、けんはすぐに起きてきて、あちこち練り歩きして家中のいろんなところにすりすりしながら、ふくらんで甘える。追いかけていくのが大変で、途中で郵便屋さんがやってきたのだが、玄関から飛び出してしまうのではないかと心配するほどであった。ごはんはいつもの缶詰を出してやるといらないいらないをしたので、子猫の頃に食べていた別の缶詰を出してきて準備してると足下までやってきてすごく食いつきがいい。出してやると、一生懸命食べる。それからカリカリも食べた。この缶詰が欲しかったのかな、明日からはこれを出してやることにしよう。

 

その後、またカリカリを食べ、疲れたのか休みに行く。

 

昨日一昨日は寂しかったんだろう。たぶん食欲もそういう気分に左右されるのだろう。できるだけ早く帰ってやらないとと思う。

点滴28日目。

Pさんと食事に行く約束をしていたのがうっかりダブルブッキングで大慌て、というところで目が覚めたら夜の1時だった。Pさん、夢の中ではどうもすみませんでした。

 

朝、点滴後は居間のベッドで熟睡。いつものようにY子の部屋に帰っていったりもしない。ちょっと心配になったが、Y子によると元気そうだとのこと。今日はY子が休みなのを知っていて、安心していたのかもしれない。

 

夜、帰宅するとたしかに元気そう。表情もよくて、ちょこんと座っていると病気だと思えないくらいだ。しばらくするとY子の部屋に休みに行く。安心して熟睡しているところをかわいそうだが、投薬。幸い、さっと終わらせることができた。しかし薬を飲ませているせいであごのところの毛がこべこべになるのをブラッシングしてやっているのだが、だんだん毛がはげてきたようになっていて不憫である。

点滴27日目。

なぜか引っ越しをすることになり、荷物の運び出しやらで玄関を開けていた隙にけんが外に出てしまった。あわてて追いかけるが、けんは車のばんばん走っている道路をよちよち歩きでなんとかすり抜けて、向こう側の公園に入っていく。公園には子どもたちがいてけんを捕まえたはいいが、いたずらなのかうっかりなのかけんをプールに落としてしまった。ようやく追いつき、プールの中を探しまわる。だが、どうしてもけんは見つからない。けんがいなくなってしまった。僕はものすごい悲しみにとらわれて人目をはばからずに号泣する……と、ここで目が覚めたら夜中の3時だった……。夢でほんとうによかった。

 

いつものように早起きして点滴の準備。隠れに行ったけんだがなぜかすぐに出てきたので点滴開始。うまく行っているはずだが、なぜかけんは嫌がってぴくぴく動く。様子がおかしいのでいったん中止し、しばらく間を置いてから再開。しかし今度は針が貫通し、輸液がピューっと飛び出てしまった。心を落ち着かせて3回目。ようやくうまくいって、けんはいつものように気持ちよさそうにしている。どうも輸液を温めすぎて最初驚いたのではないか。投薬後、カリカリを食べて休みに行く。

 

今日は休みなので居間で待機していると、けんは30分おきくらいに出てきてはごはんを食べてまた休みに行く。その後、10時くらいから本格的に熟睡に入った。

 

Y子が仕事に出かけた後、夕方4時くらいにまた出てきて少しあまえる。口の下をブラッシングしてやるとごろごろ言って喜ぶ。その後、朝と同じように30分おきくらいにごはんを食べに出てくる。けっこう食べているようだ。

 

夜、また熟睡したようなので外までポストを見に行って帰ってくると、けんは玄関まで起きて迎えにきた。すぐ戻ると言ったんだがどっか行ったと驚いたのだろうか。その後、ゆっくり甘えて、ブラッシング用の歯ブラシをちょいちょいして遊んだりもした。撫でてやるとごろごろ言っている。

 

猫ちぐら(もどき)はたまにくんくんしたりしているが、結局、昨日買ってきたときに一回入っただけ。まあ、猫というのはそういうものである。

 

Y子帰宅。投薬後、しばらく隠れていたが、また出てきてふるふるあまえる。家族が揃って嬉しいのか、ちょっと興奮しているようだ。