子猫を保護した話

f:id:detti:20170927174047j:plain

 

9月の終わりのある日、朝、職場で仕事をしていると、裏のほうから朝からずっとにゃーにゃー子猫の声がするので、どっか高いとこに登って降りれんようになったんかなと気になってちょこちょこ外に出て探していたのであるが、朝10時半くらいに職場とお隣さんの塀と塀の間の隙間に茶トラの子猫がじっとうずくまって鳴いているのを発見。はさまって出られへんのかと思ったが、そうではなく怯えて隠れているようで、猫好きの同僚Yさんに相談したところ、Yさんが保護猫活動をされているG寺のTさんに電話してくれた。

それで、Tさんが30分後くらいに来てくれるとのことで、その間ごはんをあげたりして待っていたのだが、ちょっと目を離して席に戻ったすきに子猫逃走。いくら探しても見当たらなくなってしまったのである。

はるばる自転車でやって来てくれたTさんに事情を説明したところ、ここどこ?とかでパニックになってたところ、ごはん食べて安心して自力で脱出したのではないかとのこと。動けるなら大丈夫だろうがもしもまた来たときのためにと、保護用の仕掛けの付いたケージを置いていってくれた。

それで、大丈夫かなと心配しながらもとりあえず昼飯に出て戻ってきたところ、またにゃーにゃーとどこからともなく子猫の声が聞こえるではないか。やっぱり隣の敷地のほうかなとかあちこち探したすえ、ついに地下へ通じるふだん使っていない階段のいちばん下の、真っ暗なすみっこのせまいスペースの中に子猫を発見。しかし、置いていってもらったケージをセットして1時間おきくらいに様子を見に行ってもどうもうまくいかず、夕方、半ば無理やりにダンボールに子猫を追い込んで、そのダンボールの片方の口をケージに連結し、なんとか保護。ケージのほうに移るのを待っていたが、怯えているのかなかなか出てこずらちがあかないので、そのまま二人がかりでダンボール付きのケージを運び出し、Tさんのところまで車で連れて行く。だいぶ怖かったみたいだけど、Tさんとこでタオルにくるんでもらうと安心したようで、ごはんもたくさん食べていた。

あとで聞くとどうも3日くらい前から付近を鳴きながらさまよい歩いていたようで、何らかの事情でお母さんとはぐれてしまったようである。この3日間さぞや不安な日々を過ごしたんだろうがが、あとはTさんが里親さんを探してくれるとのこと。

なんか気になってあまり仕事にならんかったけど、別の大仕事をやり遂げたような感じであった。その後、Y子と二人でTさんのとこに一度だけ子猫を見にいったが、他の猫たちとすっかり打ち解けて、怯えたいたあの時とは別人のように元気にしていた。そして子猫は10月のはじめに、新しい家族の元へと旅立っていったとのことである。もう会えないと思うと少し寂しいけど、頑張って、元気で幸せな猫生を送るんやで。

 

スイレンとメダカと水槽の話(二)

f:id:detti:20171022190908j:plain

さて、ようやくうまく行きはじめたかのように思えたスイレン鉢であったが、八月の終わりのあるとても暑い日の朝、いつものようにメダカたちに朝ごはんをあげようとベランダに出たところ、昨日まで元気だったメダカたちがほぼ全滅していたのである。暑すぎたのかとも思ったが、今から振り返ると水質が悪化して、アンモニア中毒を起こしていたのかもしれない。異常に気がついたときは、赤ちゃんメダカがまだ3人ほど浮かんでいたが、救出しようと焦っている間に2人は絶命、いちばん小さな赤ちゃんだけを救い出し、小さな水槽になんとか移し替えたのであった。

 

あまりのショックに、もうメダカはやめようかとも思ったが、しかし赤ちゃんがひとり残っているのでやめるわけにもいかない。それに、もっと大きな水槽を買って、部屋の中で飼いましょう、あなたの好きな水草も入れて、とY子が言ってくれたこともあり、実は前からやってみたかったこともあって、60cm水槽とフィルターその他一式を購入、新たな水槽生活が始まったのであった。

 

スイレン鉢の過ちを繰り返さないように、本に書いてある通り慎重に水槽を立ち上げ、ひとりだけだと寂しいだろうとメダカを数匹投入。しかし、唯一生き残った赤ちゃんメダカは、環境の大変化に耐えられなかったのか、残念ながら数日後に亡くなってしまった。

 

そして1週間後にグッピーコリドラスを投入。毎晩帰ってきてから優雅に泳ぐ魚たちを眺めるのはなかなか良いもので、おかげで飲みにも行かずにまっすぐ家に帰るようになった。さすが大枚をはたいて購入した水槽システム、魚たちも元気で、今までのようなスイレン鉢とは違うなと思っていたが、立ち上げから3週目に入ったある夜、異常を発見。本来底の方にいるはずの魚たちが水面に集まってきて口をパクパクしている。酸欠かと思い、エアレーションや水流を工夫したりしたが、ここからが再びの苦難の日々の始まりであった。

 

翌日からまずエビやドジョウたちが亡くなり、他の魚たちも明らかに元気がなく、少しずつ死んでいく。いろいろ調べたり、人に聞いたりしてみたところ、どうもアンモニア中毒ではないかとのことで、試薬を買ってきて調べたところ、たしかにアンモニア濃度が異常に高い数値を示していたのである。

 

あわてて水質調整剤を買ってきたり、バクテリアを投入したり、弱った魚たちを塩浴させたりと、考えられるありとあらゆることをやってみたが、結局その週末までに魚たちは全滅。変なとこに連れてきて悪かったなと謝りながら毎朝プランターに埋める。気に入っていたコリドラスが亡くなった時には涙が出た。こうして水槽立ち上げは見事に大失敗に終わったのであった。

 

今から思えば、あれこれ場当たり的に対応して、かえって状態を悪化させていたのかもしれない。魚たちには本当に悪いことをしたと思う。そうして水草だけになった水槽を前にこれからどうしたものかと途方に暮れていたところ、山とアクアリウムの大先輩Sさんから電話をもらい、今水槽に起こっている問題について分析してくださったうえで、またゆっくりやり直してみたらと言ってくださったのである。

 

こうして今後の方針が決まり、また水質が改善したら魚たちを迎え入れようと水草だけの水槽を維持していた9月の終わりのある日、僕が山から帰ってくると、Y子とけんがふたりで水槽をじーっと見上げている。なんか泳いでない?とY子。え、虫でもわいたんか?と思って水槽を見てみると、なんと小さな小さなメダカの赤ちゃんがたくさんたくさん泳いでいるではないか。

 

まさに奇跡が起こったと思った。メダカたちは自分たちがもう長くないと悟った最後の日々に、自らの子孫を残そうとしたのだろうか。命は本当に不思議なものである。

 

今度こそは失敗しないようにSさんのアドバイスを忠実に守り、あまりいじりすぎず定期的な水換えだけでとにかく我慢で一ヶ月。メダカたちはぐんぐん成長。もうここまできたら食べられることもないだろうと、昨日、グッピー一組とコケ対策でヤマトヌマエビ5を投入。今度こそうまくいってほしい、と心配しながら水槽を見守っている。

 

さて、Y子によると、メダカの赤ちゃんたちの第一発見者はけんだとのこと。生体がいなくなってから水槽を見上げることのなかったけんが、その日、じーっと熱心に見上げているのでなんだろうと思ったところ、赤ちゃんたちが泳いでいたとのこと。猫はやっぱりすごいなあと思ったのである。なお、けんは最初のうちこそ水槽に(その大きさに?)びっくりして警戒する様子だったもののすぐに慣れ、たまにじっと魚たちを見上げたりはしているものの、ちょっかいを出したりみたいなことはない。こうだったら伸び上がって確認したりしていただろうか? 

 

 

 

 

 

スイレンとメダカと水槽の話(一)

f:id:detti:20171004075526j:plain


こうの一周忌に花が咲けばいいねと、Y子がベランダでスイレンの栽培を始めた。結果的にスイレンの花は咲かず、天候不順からか毎年咲いている家の前の池のスイレンの花も咲かなかったのだが、このスイレン鉢とともにやって来たメダカたちが、この夏、わが家に、幾多のドラマをもたらすこととなったのである。

 

スイレン鉢の導入を決めたのはY子であったが、メダカとかを育てるのは苦手ということで、メダカたちは僕が担当することになった。子どもの頃、実家で熱帯魚を飼っていたし、実は前から観賞魚には興味があったこともあり、すすんでメダカの世話をはじめた僕であるが、これが思った以上にうまくいかない。スイレン鉢立ち上げ1週目から、少し前まで元気に泳いでいたメダカたちが、ひとり、またひとりと亡くなっていくのである(あとからわかったことだが、これは最初に水あわせをきちんとしていなかったことが原因だったようだ。最初に来たメダカたち、ほんとうにごめん)。

 

こうして、亡くなったメダカたちに謝りながら、プランターに埋めてやるのが毎朝の僕の日課となった。日々の葬送にメンタルをやられ、悩んだ末に、職場の近所にある観賞魚屋さんで相談したところ、いろいろ教えてもらい、メダカも補充して一から出直すことにする。そんななか、ある日、メダカの赤ちゃんが水面を泳いでいるのを発見、僕もY子もとても喜んだのであった。

 

そうこうするうちにスイレン鉢もようやく安定、底に溜まったゴミの掃除屋さんとしてエビやドジョウも迎え入れ、賑やかにみんな元気に泳ぐ姿を日々楽しみにしていた暑い暑い八月のある朝、悲劇が起こったのである。

 

(つづく)

 

f:id:detti:20170814224342j:plain

 

異常なまでに蒸し暑かった7月が過ぎたかと思うと、早いものでもう8月も後半である。4日の月命日にはいつものようにY子と二人でお参りをする。今年は7月になっての8月になってもなかなか湿度が下がらず、こうが最後の日々を過ごしたのもこんな蒸し暑い日々だったなあと、どうしても彼のことを思い出してします。気候のせいか、今年は池の睡蓮の花は結局咲かずじまいであった。

 

お盆休みには昨年と同じようにけんとふたりで留守番をする。いつも夜Y子が眠るとき、けんも一緒に休みに行くのだが、Y子が眠るとけんは再び起きてきて、居間でひとりビールを飲んだりテレビを見たり本を読んだりしている僕の近くまでやってきて、そばに転がってじーっとしている。そして僕がもうおやすみだよと電気を消してベッドに入ったあともしばらくじーっとしていて、それからおもむろにごはんを食べ、また再び休みに行くのである。けんとふたりで留守番しているときもだいたいこんな感じで、けんは僕のそばでじーっとしている。そんな話をY子にしていたのだが、このお盆休みのあいだのある夜、いつものようにけんのそばで夜更かしをしていると、Y子が珍しく目が覚めたのか起き出してきた。Y子は僕とけんの静かな夜の様子をはじめて見たということで、とても不思議だと言う。けんは、Y子とふたりきりのときは、甘えたり遊んだりY子の仕事が終わるのを待っていたりする以外は、基本的に眠っているという。けんにとって、僕とY子の位置付けか役割が違うんだろうなと思う。

 

 

 

 

一周忌

f:id:detti:20160710183028j:plain

早いもので、あれからもう一年。7月4日はこうの一周忌であった。こうが大好きだったおやつやおもちゃをお供えして、Y子とお参りをする。けんもそばの机の上に座ってじっとしている。終わってから宅配の鰻丼をいただく。昨年の今頃はきれいに花を咲かせていた池のスイレンだが、今年は気候がおかしいのか、まだ咲く気配がない。3人での生活にもだいぶ慣れてきたけど、それでもやはり心にぽっかり穴があいたような、寂しい気持ちはつねにどこかにある。家族が減るというのはこういうことなんだなあと思う。いつもけんの身づくろいをしてやっていたこう。毎朝僕を見送りに玄関まで出てきてくれていたこう。いつもY子と一緒に寝ていたこう。人懐っこくて、お客さんが来たら人見知りせずに必ず挨拶に出てきて撫でてもらっていたこう。休みの日、僕が山に出かけるとき、え、また行くの?みたいな顔でじっと僕を見つめていたこう。帰ってきたら必ずすりすりしにやって来てくれていたこう。朝新聞に乗って撫でられるのが大好きだったこう。優しくて大きな猫だったこう。天国で元気に過ごしているかい。

 

 

梅雨入り


今年は例年になく気候が良く、過ごしやすい日々が続いているが、こうの11ヶ月目の月命日も春らしい素晴らしいお天気で、心静かにお参りをすることができた。

梅雨入り後もほとんど雨は降らず、湿度も低い快適なお天気。けんも気持ちがいいのか、相変わらずよく眠り、よく甘える。ところで、けんは、甘えるときや気分のいいときにはお腹を(背中を)ぐっと持ち上げて、膨らんだみたいになってあちこちくるくる練り歩く。これは子猫時代にお腹を撫でたらけんが喜ぶというので、歩いているときによしよしよしよしとよくお腹を撫でていたことの名残であろう。そうやってあちこち歩き回って椅子やらテーブルやらにすりすりして回った挙句、最後には居間に来てころりんと倒れる。これはもっと撫でてくれという合図なので、そうなるとけんが納得するまでお腹を撫でまくるのである。

もうすぐこうが発症した日が近づいてくる。去年はぼくが病気になったり、ベランダで栽培していたマタタビが突然枯れたりと妙なことがたくさん起こった。こうが亡くなってから育て始めた猫が好むというハーブは冬を越えても順調に育っていて、この春には種類も増やしてプランターも始めた。こうが病気になったときにきれいに咲いていた池の睡蓮の花だが、今年はまだ葉も小さくて咲き始める気配はない。

毛玉の季節


あっという間にGWも終わり、気がつけばもう5月も終盤。いい気候だがこの時期は猫の換毛期で、毎年けんに毛玉が発生する要注意時期でもある。けんは毛玉ができやすい毛質のようで、できるだけブラッシングはしているだが、どうしても追いつかないようで、毛玉が悪化したときには動物病院でいわゆるライオンカットにしてもらったこともあった。こうは全然毛玉ができなかったので、兄弟でも不思議なことである。

それで昨年から猫用バリカンを導入し、まめに毛玉を退治していたら見事に毛玉が自然解消したのである。今年も毛玉ができ始めているが、今年はバリカンに加えて長毛種用のバカ高い高級ブラシ(?)も導入し、少しずつ退治している。けんもこのブラシを気に入ったようで、それはそれは気持ち良さそうに、目を細めてブラッシングされている。